31件の検索結果(1~20件を表示)

観光スポット一覧

ふたみシーサイド公園 (道の駅ふたみ)

ふたみシーサイド公園 (道の駅ふたみ)

「日本の夕陽百選」に選ばれている伊予市双海町。中でも、ふたみシーサイド公園は夕日が最も美しく見えるスポットとして人気が高い。公園内には、恋人岬や夕日の観覧席(階段式護岸)、願い石などがあり、連日多くのカップルが足を運んでいる。平成20年4月には、NPO法人地域活性化センターが実施しているプロジェクトで、「恋人の聖地」(プロポーズにふさわしいロマンティックなスポット)の認定を受けた。

  • 【所在地】 伊予市双海町高岸甲2326番地
  • 【料金】 無料
  • 【TEL】 089-986-0522
なかやま特産品センター

なかやま特産品センター

中山地域の特産品を販売!9月中旬から11月には特選中山栗や焼き栗の実演販売が行われる。隣接のふるさと市では新鮮な野菜が並ぶ。

  • 【所在地】 伊予市中山町中山
  • 【料金】 特選中山栗2L(1kg)1,400円、3L(1kg)1,600円 特選中山栗(銀寄) 2L(1kg)1,800円 特選栗羊羹 830円 (令和元年9月30日現在)
  • 【TEL】 089-967-1500
クラフトの里(道の駅なかやま)

クラフトの里(道の駅なかやま)

クラフトの里が、道の駅なかやまとしてリニューアルオープン。 中山町の特産品購入や木工体験、そば打ち体験、人気の手作りシャーベットが味わえるなど様々な楽しみ方のできる施設です。(体験は要予約) 国道56号線沿いにありますので、ご休憩に、お食事にお気軽にお立ち寄りください。

  • 【所在地】 伊予市中山町中山子271番地
  • 【TEL】 089-968-0636
なかやまフラワーハウス

なかやまフラワーハウス

フラワーハウスでは、いろいろな花や大きな熱帯植物、熱帯果樹たちを自然のままで楽しむことができます。また、季節の花々やガーデニンググッズ、雑貨も販売しています。

  • 【所在地】 伊予市中山町中山(栗の里公園内)
  • 【料金】 入館無料 各種花の苗販売
  • 【TEL】 089-967-5020
五色姫海浜公園

五色姫海浜公園

源平の戦で敗れた平家の5人の姫が、海に身を投じて5色(赤・緑・黄・黒・白)の石になったという伝説が残る「五色浜」。現在は「五色姫海浜公園」として、夏には大勢の海水浴客でにぎわう。 五色浜に隠れ住んでいた5人の姫だったが、ある日姉姫が赤いカニを見て平家の赤い旗色を思い出し、源氏への恨みを募らせてしまう。姉姫は源氏の旗色である白いカニを、宿敵に見立て敵討ちをしたいから探してくるようにと妹たちに命じたが、幾日探しても白いカニは見つからない。疲れ果てた妹たちは、カニに白粉をつけて姉姫に渡すものの、すぐに嘘だと見抜かれ末の妹が切りつけられた。悲嘆にくれた妹たちは海に身を投げ、残された姉姫も末の妹の亡骸を抱いてほどなく身を投じる。こうして亡くなった5人の姫が5色の石と化した、という悲しい五色姫伝説。姫たちを哀れみ生き返ることを願う土地の人々の涙が、5色の石の上に落ちると、海の彼方から姫たちが蘇ったという伝説にちなみ、毎年3月の第4日曜日には女性の祭典「五色姫復活祭」が開催され五色姫パレードや稚児行列、郡中ひなかざり、バザーなど多彩な催しが行われる。 五色浜は白砂が美しい浜辺で、波静かな瀬戸内海に浮かぶ島々や、海に沈む夕日など、1年を通して情緒あふれる情景を楽しむことができる。

  • 【所在地】 伊予市尾崎696
  • 【料金】 無料
  • 【TEL】 089-982-1111(伊予市役所 都市住宅課)
五色浜公園

五色浜公園

五色姫海浜公園に隣接する、伊予灘を望む松林に囲まれた公園で、市街地にも近く、園内には彩浜館や五色浜グラウンド、児童公園や相撲場もあり、市民の憩いの場として親しまれている。 公園の北端、現在の伊予港に面して建っている「萬安港旧灯台」は明治2年(1869年)それまで木造であった灯台を石造に改築したもの。当時は防波堤の先端にあったが、大正元年に移築された。明治初期の近代建築の雰囲気を漂わせる建造物である。この旧灯台と沈む夕日をセットに写真を撮る愛好家も多い。

  • 【所在地】 伊予市灘町311
  • 【料金】 各有料公園施設の利用料については伊予市ホームページ(下記URL)をご覧ください
  • 【TEL】 089-982-1111(伊予市役所 都市住宅課)
手づくり交流市場 町家

手づくり交流市場 町家

広場を囲むように建物が立ち、特産品販売、テナント棟、インフォメーション棟がある。特産品販売では伊予市の特産品・農産物などの販売所、鮮魚コーナーのほか手芸品を販売するボックスショップがある。

  • 【所在地】 伊予市米湊827-4
  • 【TEL】 089-946-7245
谷上山

谷上山

山頂は公園になっており展望台から伊予灘に浮かぶ島々を見渡せ、はるか中国地方の山々も遠望出来るほか、松山平野を一望出来る絶好のスポット。春には山一面の桜が美しい

  • 【所在地】 伊予市上吾川
えひめ森林公園

えひめ森林公園

大谷池の奥にある公園の杉木立の中に本格的なキャンプ場がある。森林浴やアスレチック、バードウオッチングもあわせて楽しめる。

  • 【所在地】 伊予市上三谷
  • 【TEL】 089-983-3069
大谷池

大谷池

人造湖で周囲を国有林に囲まれ森林浴やハイキングが楽しめ、秋から冬にかけては美しい森林 を背景に数百羽の鴨が泳いでいるところを見ることが出来る。

  • 【所在地】 伊予市上三谷
JR下灘駅

JR下灘駅

「夕日がたちどまる町・双海町」にある、かつて日本一海に近かった下灘駅は、撮影スポットとして人気が高く、多くの有名人が訪れ、映画やドラマ、雑誌、CMにも度々登場。 晴れた日中は、開けた視界に空の青と海の青しかない光り輝くブルーの世界が広がり、夕刻には伊予灘が夕焼けでオレンジ色に染まる。一度は降りてみたい癒しの駅。

  • 【所在地】 伊予市双海町大久保
しおさい公園

しおさい公園

野球場・テニスコート・競技場・親水広場・芝生広場・わくわく子ども王国・ゲートボール場などがあり、多目的に利用できます。

  • 【所在地】 伊予市森甲91-1
  • 【TEL】 089-982-2367
伊予灘サービスエリア上り

伊予灘サービスエリア上り

道後平野や伊予灘を望む高台に位置し、夕日や夜景が美しいスポットとして全国のSAPAで初めて「恋人の聖地」に認定されたサービスエリアです。一般道からも利用可能なウェルカムゲートが設置されているため、気軽にアクセスできます。

  • 【所在地】 愛媛県伊予市宮下2804-1
  • 【TEL】 089-946-7755
栗の里公園

栗の里公園

四季を感じられる栗の里公園。春には桜が満開に!!花の森ホテル、遊栗館、なかやまフラワーハウスなど充実した施設が集まる公園です。

  • 【所在地】 伊予市中山町中山
  • 【TEL】 089-967-1111(中山地域事務所)
三島神社

三島神社

伊予灘を眼下に見下ろす、双海町の高台にある三島神社。神亀元年(724年)に建立された三島神社の由来は、背中に輝く金幣を載せた亀が浜に泳ぎ着き、森の中に駆け上がったことから、この地に社を建てて祀ったとされている。神亀の出現は良いことがおきる前兆とされ、この年、元号も神亀と改元された。297段の石段の中程にある二重門は優美な彫刻で装飾されており、市指定有形文化財になっている。この二重門のあたりで振り返ると、視界が開け、鳥居越しに伊予灘の青い海が見渡せる。また、本殿の前には全国的にも珍しい狛亀が鎮座する、趣のある神社。

  • 【所在地】 伊予市双海町高岸甲1320
日本水仙花開道

日本水仙花開道

12月から1月にかけて、国道378号線「夕焼けこやけライン」から山あいに目をやると、丘陵地を埋め尽くす白い花畑が見える。約20万株のスイセンが咲き誇る「日本水仙花開道」。管理者親子が四半世紀の年月をかけ整備した約30haの畑が、管理者の好意で一般開放されている。白い可憐な花と伊予灘の展望を同時に楽しめる、いやしのスポット。

  • 【所在地】 伊予市双海町串194
  • 【料金】 入場無料
  • 【TEL】 089-986-0522(ふたみシーサイド公園)
閏住(うるすみ)の菜の花畑

閏住(うるすみ)の菜の花畑

国道378号線「夕焼けこやけライン」の閏住地区の沿道には、地元住民が大切に育てている菜の花畑がある。毎年2月中旬から3月にかけて見ごろを迎え、JR愛ある伊予灘線の土手約200mの区間が菜の花の黄色に染まる。かたや菜の花のじゅうたん、かたや伊予灘のキラキラと輝く海という絶好のロケーションで、散策やウォーキングを楽しむ人が年々増えている。

  • 【所在地】 伊予市双海町大久保
  • 【料金】 無料(散策自由)
八景山展望台

八景山展望台

ふたみ潮風ふれあい公園内にある八景山展望台からは、360度パノラマに広がる双海の景色が楽しめる。標高は86.5m、地元では「ハゲ山」と呼ばれ親しまれている。南東からの強風が木々をなぎ払い、山頂が露出していたためつけられた呼称だが、昭和11年(1936年)、この地を訪れた歌人・吉井勇が眺望のすばらしさを讃え、八景山と名付けて一首詠んだことから八景山と名を改めた。展望台横には香川県の金毘羅大権現を拝むための遥拝所がある。常夜灯と鳥居を結んだ直線上はるか東方に金毘羅大権現の社があり、海の神様・水の神様である金毘羅大権現にあやかって海事関係者がここから繁栄と無事を祈った。

  • 【所在地】 伊予市双海町高岸923
  • 【料金】 無料
  • 【TEL】 089-986-1559(ふたみ潮風ふれあい公園)
オガタマノキ(高野川神社)

オガタマノキ(高野川神社)

伊予市三秋峠を越えた双海町の入り口一帯が高野川地区。ここにある高野川神社のご神木、オガタマノキは県指定天然記念物である。樹齢は推定200年以上、最大のものの幹周は胸高280㎝、樹高23m、うっそうと生い茂る社叢の中で社の四方に凛と立っている。残念ながら2016年の大雨で社の右前に立っていた1本は倒れてしまったが、残りの3本は健在だ。和名を「招霊木」または「小賀玉木」と書き、神霊を招くという意味の「オガタマ」を名に冠する通り、古来からその葉を神前に供えるために神社仏閣のご神木として植えられていることが多い。また、巫女の手甲の鈴はこの木の実をかたどったとされている。アゲハチョウ科のミカドアゲハは、幼虫期にオガタマノキの芽しか食べないという食生関係が県内で初めてこのオガタマノキによって証明された。

  • 【所在地】 伊予市双海町高野川甲484
五色浜神社

五色浜神社

寿永のころ、平家の5人の姫が海に身を投げて五色の石になったという伝説が残る五色浜の入り口にある五色浜神社。明治4年(1871年)、法昌寺付近(灘町312番地)にあった住吉宮を遷宮、住吉神社とし、その後明治42年(1909年)に菅原道真を祀る天神社と合祀して五色浜神社と改称した。当時は五彩濱神社と呼ばれていた。毎年1月10日には商売繁盛、家内安全、農業豊作、漁業豊漁などを願う「十日えびす」が行われている。万延元年(1860年)灘町で薬種業を営んでいた津田七衛によって始められたとされ、お札や千両箱、タイなどの縁起物の飾りがついた福笹を求めて多くの人が訪れる。

  • 【所在地】 伊予市灘町309
  • 【TEL】 089-982-0888(伊予稲荷神社)

31件の検索結果(1~20件を表示)

スポット検索
体験スポット Experience
観光スポット Sightseeing
グルメスポット Gourmet
宿泊スポット Staying
  • 伊予市の特産品・お土産
  • 伊予市のイベント情報

ホームページからはこちら お問い合わせ

  • 交通アクセス
  • リンク
  • サイトマップ
伊予市観光協会
〒799-3111
愛媛県伊予市下吾川1512-6
(伊予商工会館内)
TEL 089-994-5852
FAX 089-994-5865

電話受付は平日の 9:00~17:00

ページの先頭へ