平久 - 伊予市色々|愛媛県伊予市観光協会 MENU CLOSE

伊予市観光WEBサイト

スポット情報

平久

灘町の移り変わりを見守る老舗料亭

江戸時代末期創業、150年以上続く老舗料亭の「平久」。かつて宮内兄弟が荒地から開発した灘町は、萬安港(現在の伊予内港)の築港によって、海運・流通の一大拠点として発展しました。多くの商人や人足たちでにぎわう町には、たくさんの酒屋や料亭が軒を連ねていましたが、今では、灘町で大きな宴会座敷を持つ店は平久ともう1軒になっています。
現在6代目の店主は、そんな時代の移り変わりを体感し、安全・安心な食事と憩い・癒しの場を提供する「料亭としての責任」を胸に、お客様の希望に沿った喜ばれる料理を作るべく、7代目となる娘さんとともに日々料理の腕をふるっています。

だし文化のまち「伊予市」が染みています

平久は、完全予約制で会席料理を提供されています。前菜からデザートにいたるまで、美しい器に趣向を凝らした盛り付けがされています。食材は、地元でとれた新鮮な旬のものを使います。灘町は商店街、魚は「灘萬」から伊予灘で獲れた地物を、肉は厳選されたきれいなお肉と評判の「にくの一色」から、野菜も地元産の旬のものを仕入れ、その日の食材にあったメニューを考えます。
平久のこだわりは「だし」。伊予市はイリコやかつお節、干しシイタケを特産とするだし文化のまち。平久は、伝統の製法を守る「相原海産物店」から仕入れたムロアジ・カツオの削り節やイリコ、中山町の干しシイタケなどを、料理に合わせていろいろに使い分け、その都度丁寧にだしを取っています。お客様においしいと思ってもらうためなら、手間を惜しみません。

レトロシックな町家造りも見どころ

建物としても趣のある平久。典型的な灘町の町家造りで、格子戸の玄関をくぐると奥まで土間が続きます。何度も増改築されたため建築年数は定まりませんが、通り側の2階にある、30名程度の宴会ができるお座敷は一番古く明治期のもの。

店奥2階の60畳ある宴会場も、少人数の会食に最適な1階の座敷も古く、欄間や彫刻の飾りがついた格子戸などレトロシックな雰囲気が、ワンランク上の宴会を演出します。
玄関通路の突き当り、渡り廊下に囲まれた中庭に「亀がいますよ」と声を掛けられ、のぞき込んで探しましたが見つかりません。「これが亀です」と示されたその先には、なるほど、それぞれ頭、前足、甲羅の形の石が組まれていました。随所に活けられた花のシンプルな美しさなど、上品で粋な演出に感動します。

住所 伊予市灘町2-23
お問い合わせ 089-982-0261
料金 ※仕出し、会席料理、ご予算に応じてお作りします
営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休
駐車場 5台(無料) ※タナカフラワー横駐車場をご利用ください(店舗裏手にも数台駐車可能です)
その他 ※完全予約制です
※伊予市全域・松前町の配達承ります

MAP

こちらもおすすめです

pagetopへ