朝日屋食堂 - 伊予市色々|愛媛県伊予市観光協会 MENU CLOSE

伊予市観光WEBサイト

スポット情報

朝日屋食堂

伊予市で中華そばを食べるなら、まずはここ

昭和27年(1952年)創業の朝日屋食堂は、伊予市で「中華そばなら?」とたずねると、多くの人が「この店」と答える隠れた名店です。現在は、二代目がご夫婦で切り盛りされています。

人気の中華そばは、野菜やお肉がたっぷり。スープはあっさりとしていますが、具となる野菜をいっしょに煮込んでいるので、甘味とコクが感じられます。

「隠し味にニンニクを少々ね」と、奥さん。言ってしまっては隠し味にならないのではと思いつつ、その素直で明るいお人柄に思わず笑みがこぼれます。

揚げからすし飯がはみ出すほどのボリューム

「注文の時に言うてくれたら、どんなにでもするよ。」例えば、麺の硬さや野菜を多めにしてほしいなど、ご主人がお客様の要望に応えてくれます。

「常連さんなんかは好みを覚えとるけんね。この人はモヤシ抜きとか、この人は肉なしとか。『ネギ抜きやったよね?』って確認はするけどね。」奥さんの接客魂にも感動です。

この味とご夫婦のお人柄に惹かれて、平日は常連客、週末は旅行者で、4人掛け6卓の小さな店内はいっぱになります。

時代にともない変わった人気メニュー

創業から変わらぬ味の鍋焼きうどん

創業当初はうどん屋さんだったという朝日屋食堂。鍋焼きうどんがメインのお店だったそう。昔ながらのアルミ鍋で出てくる鍋焼きうどんも、具だくさんに甘いダシでまだまだ人気です。

昭和時代の灘町商店街周辺一帯は、「芝居小屋の『寿楽座』や映画館、ダンスホールもあって、人が集まる町やった」と話すご主人。そうして集まってきた若者から頼まれ、作り始めた中華そばが今では看板メニューになりました。

伊予市の食材がつまった五目そば

 
 

この辺りには様々な商店が軒を連ねています。朝日屋食堂のご主人は、馴染みの商店や地元企業から食材を調達しているそう。

基本のだしに欠かせないイリコは双海町小網のものを、お肉は「にくの一色」、野菜は「三木食料品店」、揚げは「三好食品」、くずし(ナルトやかまぼこなどの練り製品のこと)は「武正蒲鉾店」、麺は「長田製麺所」からなどいずれも伊予市を代表する老舗ばかり。

朝日屋食堂のメニューは伊予市のおいしいものでできています。

下町の雰囲気が味わえる路地裏店舗

朝日屋食堂の魅力は、その佇まいにもあります。

灘町商店街と伊予市役所前の大通りをつなぐ路地裏にあり、飾り気のない素朴な店構え、食品サンプルが並ぶ年季の入ったショーケース、紺色の「うどん・そば」と書かれたシンプルなのれんが掛かっている様子は、昭和の時代にタイムスリップした気分にさせてくれます。

店の前に置かれた、出前用のカブは今も現役。近場であれば、これまた年季の入った木製の岡持ち(おかもち:食品などを屋外に運ぶために用いる桶や箱のこと)を持って、おいしい中華そばを届けてくれます。

住所 伊予市灘町16
お問い合わせ 089-982-0254
料金 中華そば 600円/鍋焼きうどん肉入り 600円/五目そば 550円
いなりずし 80円/親子丼 600円 など
※価格は令和3年9月現在のものです
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
駐車場 3台
※店舗裏駐車場 41・42・43番をご利用ください
その他 ※ただいま、新型コロナウイルス感染症対策として18:00までの時短営業になっております。

MAP

ますます伊予市ふるさと観光大使を務める、大人気声優・小野賢章さんが伊予市を旅する動画「小野賢章と恋するイヨタビ」をYouTubeで公開中!
Part1 伊予市を“食べる”
Part2 伊予市を“遊ぶ”
Part3 伊予市を“感じる”
Part1 伊予市を“食べる”の動画の中で、ここ「朝日屋食堂」を小野賢章さんが実際に訪れ、ご紹介していますのでぜひご覧ください。

また、ウェルピア伊予、道の駅なかやま「クラフトの里」、ふたみシーサイド公園「道の駅ふたみ」では、360度VR動画の視聴が可能です。小野賢章さんと二人で、旅している気分が味わえますよ♥

こちらもおすすめです

pagetopへ