伊豫稲荷神社 - 伊予市色々|愛媛県伊予市観光協会 MENU CLOSE

伊予市観光WEBサイト

スポット情報

伊豫稲荷神社

正一位の位を持つ神社

弘仁15年(824年)、山城国伏見稲荷神社から勧請(かんじょう:神様の霊を分けて他の神社に移動させること)された伊予稲荷神社。享和2年(1802年)朝廷より、神社の神階で最高となる正一位の勅許を受けました。赤鳥居をくぐると、重厚な造りの楼門(県指定文化財)が参拝客を出迎えます。楼門は和様と唐様の折衷様式で、道後の伊佐爾波神社や大洲の如法寺禅堂を建築した名工、松山長右衛門が手掛けたものと伝えられています。拝殿の右奥に進むと赤鳥居が立ち並ぶ石段があり、登った先に「久美社」が建っています。明治時代、九州から来た浪人風の旅人が病にかかり宿代がかさんだため、九州佐賀藩の鍋島家に代々伝わる秘宝「九尾の狐の尾」を宿代にと置いて去りました。金儲けを企み大金で譲り受けた町人たちがいましたが、この宝物の不思議な力をもてあましていたため、氏子50人ほどで買い取り伊予稲荷神社に奉納しました。「九尾の狐の尾」は宝物館で保管されていますが、宮司の夢枕に立つほどの霊力を持っていたため、久美社を建てて祀っています。伊予市の隠れたパワースポットです。

貴重な文化財の宝庫

伊予稲荷神社には、県指定文化財である楼門棟札など、100点にもおよぶ宝物が収納展示されている宝物館に、鬼のような形相の山姥が坂田金時(金太郎)に乳を与えている越前介岸駒の大作があります。金太郎のお母さんがヤマンバだったとは驚きです。また、境内に3株の藤があり、5月初旬に見ごろを迎える藤棚になっています。1株は白藤、残り2株は紫藤。いずれの藤も大株で、樹齢は約300年といわれ、昭和35(1960)年市の天然記念物に指定されました。江戸時代には藤神事が行われ、市に人形芝居、出店もずらりと並び、大いに賑わったそうです。樹下には伊予市の俳人、門田一貴の句碑「神代なる樹令を今に藤芽ふく」が建てられています。
(写真提供:伊予市教育委員会)

赤ちゃんの夜泣きにお困りの方は一度お参りを

他にも、「夜泣き石」と呼ばれる不思議な石があります。伊予市灘町の庄屋宮内家の庭にあった石が、風のない月の出ない夜中にすすり泣くので夜泣き石と呼ばれていました。ある人の助言で伊豫稲荷神社にある大岩のそばに置いたところ、泣き声が止んだことから、今ではこの石を拝むと赤ちゃんの夜泣きが治るといわれています。


住所 伊予市稲荷1230
料金 参詣自由
営業時間 8:00~18:00(社務取扱所)
定休日 年中無休
駐車場 10台(無料) ※社務所前にも2台駐車可
その他 ※祈願はご予約をおすすめします
※令和2年4月現在、宝物館は改修のため閉鎖されています

MAP

こちらもおすすめです

pagetopへ