相原海産物店 - 伊予市色々|愛媛県伊予市観光協会 MENU CLOSE

伊予市観光WEBサイト

スポット情報

相原海産物店

職人が作る伝統製法の削り節

家庭でもお店でも、料理に欠かせないものは「だし」。伊予市は大きなかつお節工場を2つも有する「だしのまち」です。そんな伊予市で、昭和40年の創業以来、伝統の製法を受け継いできた相原海産物店の削り節は、全国から注文が届くほど人気があります。特に、「ムロアジの削り節」は厳選したムロアジを丁寧な手作業で中骨を抜き、天日干しして、昭和30年式削り節機で削った一品。年代物の削り節機は一筋縄ではいきません。職人が毎日、その日の調子に合わせてカンナ刃を調整することで、原料となるあじ節をふんわり、しっとりと削り上げることができるのです。
今でいう「花かつお」は原料をカツオやソウダカツオとするものですが、そうなったのは昭和51年農林大臣告示による品名規格で、カツオを原料とするものだけ「花かつお」と呼ぶことと定められたため。それ以前の大正の頃は、宇和海や九州のアジ、サバ、イワシなどを原料としたものが多く、総称して「花かつお」と呼んでいました。伊予市で昔から親しまれている「花かつお」は「ムロアジ削り節」です。かつお節よりもうま味の濃い、ムロアジの削り節をぜひ一度、ご賞味ください。

伊予市はだし文化のまち

店内には、かつお節、削り節、煮干し(いりこ)、ちりめんなどが並んでいます。一口にだしといっても、その原料は地域によって様々。伊予市にはかつお節をはじめ、双海町のいりこ(カタクチイワシの煮干し)や中山町の干しシイタケが特産品になるほど、豊かなだし文化があります。だしの取り方も、家庭ごとに違いがあり、皆さん一家言あるご様子。「我が家の味」はだしで決まります。また、濃くて強いだしは、料理を薄味に仕上げてもおいしく、減塩につながるので健康的。ぜひ相原商店の削り節や煮干しを使って、「我が家の味」を見つけてみてください。

住所 伊予市灘町12-5
お問い合わせ 089-982-0505
営業時間 8:40~17:00
定休日 毎週日曜日
駐車場 無し ※商店街共同駐車場をご利用ください

MAP

こちらもおすすめです

pagetopへ